鋸の替え刃の方法、鋸の寸法と呼び名と替え刃サイズ(刃渡り)の測り方

お問い合せはお気軽に!イツモ高圧株式会社 TEL:0288-21-0667 FAX:0288-22-6155  e-mail info@kanna-ya.net

トップページ鋸(ノコギリ) > 鋸の替え刃の方法、鋸の寸法と呼び名と替え刃サイズ(刃渡り)の測り方 

 

全身焼き入れ、2回目立て仕上げ

本職用鋸として、切れ味、引き心地にこだわり、JIS規格SK鋼(炭素工具鋼:第四種=モリテック、五種=日新製鋼)を用い、鍛錬に高品質を追求した 別注 中スキ鋸「一寸法師」は、多くのプロの職人さんから高い評価を得ております。
別注 中スキ鋸「 一寸法師 」は "鋸工房"製作(すごい奴、切れる奴、腰の強い奴、その他)の替え刃式構造を採用いたしており" 替え刃 "" 柄 "は共通してご使用できます。

全身焼入れ!
「刃先」だけ硬くするのではなく、鋸全身を硬くする方法が 「全身焼入」です。全身焼入で「鋸板と刃先」の硬さが同じになりますので、 再目立が可能です。しっくり切れて、木に吸いつくような切れ味の鋸です。刃先からノコ板の中まで、全身を硬く焼入れする。ノコギリの全体が適正に硬く、靭性(じんせい/材料の粘り強さ。材料の中で亀裂が発生しにくく、かつ伝播しにくい性質。)があり、中スキノコギリに一番適した焼き入りです。

 

2回目立仕上げ!
焼入鋼を母材にして鋸を完成させたあと「刃の先だけ」 特別に硬く焼入れをします。そのときに出る刃先のトロケやマクレを除去するため、「2回目の砥ぎ上げ目立」をした鋸です。刃先は鋭く、クッ、クッ、クッと喰いつきのよく一度切ったら、絶対に手放せなくなる中スキ鋸。刃先の焼入れの深さが深いため、刃先の再加工が出来るので「2回目立
用焼入れ」と呼びます。

 

鋸の替え刃の方法

鋸の替え刃の方法は誰にでも簡単に行えます。但し、刃をはずす時は必ず「玄翁」で柄肩の金具を叩き、取り付ける場合は柄尻を「木槌」で叩いてください。金は金で、木は木で叩くと覚えると柄を大切に使用できます。
柄の中の金具:意匠登録 登録883953号
別注 中スキ鋸「 一寸法師 」は "鋸工房"製作(すごい奴、切れる奴、腰の強い奴、その他)の替え刃式構造を採用いたしており" 替え刃 "" 柄 "は共通してご使用できます。

鋸刃を外す場合
※差し込み口金は、金属でできていますので、金は金(玄翁)で行ってください。
玄翁をノコギリに添わせて柄肩の所(緑色の所)をコンコンと10回くらい叩くと刃が抜けます。抜けにくい場合は、根気良くコンコンと叩き続けてください。片刃も図の両刃と同じです。

Zoom Zoom

鋸刃を入れる場合
※柄尻は、木でできていますので、木は木(木槌)で行ってください。
木槌で柄尻をバンバンバンと強めに3〜4回くらい、刃が金具の中にはまり込むまで叩いてください。

Zoom

Zoom

ご注意
替え刃の柄の中にしっかりと差し込みます。斜めに入った時は、替え刃を入れ直して水平に差し込んでください。

Zoom

Zoom

 

鋸の寸法と呼び名と替え刃サイズ(刃渡り)の測り方

呼び寸法は、8寸、尺などの鋸独特の寸法呼び名です。(刃渡りとは一致しません。)職人さんが鋸を買うとき呼ぶ寸法です。のこぎりの先から計ると、首部の真ん中くらいが呼び寸法となります。
肩歯は、けがいた線に沿って見当をつけ見当歯を滑らせ切り込みます。
あご歯は、途中まで挽いた材に再度切り足しの際、鋸を挽き跡に差込むときに使用しますと鋸の歯を傷めず、さらに材の挽き口を傷つけません。

 

トップページ鋸(ノコギリ) > 鋸の替え刃の方法、鋸の寸法と呼び名と替え刃サイズ(刃渡り)の測り方 

Copyright (c) 2008-2009 イツモ高圧株式会社  All rights reserved.